小説『うから はらから』の名言集

人生は、ひとところに不幸が三つ落ちていたとしても、同時に幸せが一つぐらいは転がっているものだ。それぐらいのバランスで、そこそこ満足して生きていくのがいちばんいい。
434
小説『うから はらから』
恋愛の名言

[スポンサーリンク]

人気の名言ランキング

▲PageTop