小説『四月になれば彼女は』の名言集

忘却はよりよき前進を生む
161
小説『四月になれば彼女は』
失恋の名言
愛を終わらせる方法はひとつしかない。
それは手に入れないことだ。
決して自分のものにならないものしか、永遠に愛することはできない。
101
小説『四月になれば彼女は』
恋愛の名言
誰かを愛し、誰かから愛される人生を諦められなかった
85
小説『四月になれば彼女は』
失恋の名言
誰かの気を引こうとする時には、人はどこまでも優しく魅力的になれるんです。
でもそれは一時的なものでしかない。
手に入れたあとは、表面的で無責任な優しさに変わってしまう。
81
小説『四月になれば彼女は』
恋愛の名言
自分より大切な人を見つけた人の方が幸せなんだよな。
80
小説『四月になれば彼女は』
恋愛の名言
神経衰弱みたいなものだと思うんです。
一緒に時間を過ごしながら、伏せられているカードを一枚一枚めくって、自分と同じ部分を見つけていく。
美しいところにせよ、弱いところにせよ。
そうやって、少しづつ誰かを好きになっていくのかなと。
79
小説『四月になれば彼女は』
恋愛の名言
君が僕を消したから、僕も君を消すことを決めた
77
小説『四月になれば彼女は』
失恋の名言
私は愛したときに、はじめて愛された。
それはまるで、日食のようでした。
「わたしの愛」と「あなたの愛」が等しく重なっていたときは、ほんの一瞬。
避けがたく今日の愛から、明日の愛へと変わっていく。
けれども、その一瞬を共有できた二人だけが、愛が変わっていく事に寄り添っていけるのだと私は思う。
77
小説『四月になれば彼女は』
恋愛の名言
私も、いつも誰かを好きになっては別れて。
また付き合っては別れて。
悲しい結末がくることがわかっているのに、同じことを繰り返してる。
76
小説『四月になれば彼女は』
失恋の名言
いままで私は愛は分けられるものだと思ってた。
あの人も、この人も、みんなが同じくらい好きだった。
でもついに、分けられない愛を見つけた気がする。
76
小説『四月になれば彼女は』
恋愛の名言
愛をまっすぐ伝えてくれるハル。その魂にいつも救われていた
74
小説『四月になれば彼女は』
恋愛の名言
恋は風邪と似ている。恋をするたびに、藤代は思う。
いつのまにか、それははじまっている。
風邪のウイルスが知らぬ間に体を冒し、気づいたときには発熱しているように。
74
小説『四月になれば彼女は』
恋愛の名言
わかり合えていることがすべてではないと俺は思う。
わからないけれども、その人と一緒にいたいと願う。
少しでも気持ちを知りたいと思える。それが彼女にとっての恋なんじゃないかな。
74
小説『四月になれば彼女は』
恋愛の名言
好きだ、と叫びたくなるくらい強く想っていた。それなのに誰にも話すことができなかった。きっとわたしは2人の特別な時間を誰にも分けたくなかったんだと思います。
73
小説『四月になれば彼女は』
恋愛の名言
自分が好きなものを一つでも多く彼女が好きになってくれることを願った。
73
小説『四月になれば彼女は』
恋愛の名言
誰かを愛しているという感情は一瞬だということが、いまならわかります。
73
小説『四月になれば彼女は』
失恋の名言
告白した日。愛してる。出会った日。愛してた。
72
小説『四月になれば彼女は』
恋愛の名言
愛している、そして愛されている。そのことを確認したいと切実に願う。あの頃の清冽な想いに、わたしはいまだに圧倒されているような気がします。
71
小説『四月になれば彼女は』
恋愛の名言
あのときのわたしには、自分よりも大切な人がいた。
あなたと一緒にいるだけで、きっとすべてがうまくいくと信じることができた。
71
小説『四月になれば彼女は』
恋愛の名言
居心地は悪くない。これが男と女の最終的な形なのかもしれない。
70
小説『四月になれば彼女は』
恋愛の名言
この世界の一つでも多くのものが、わたしと彼をつないでいることを確かめるかのように愛するものについて語りました
69
小説『四月になれば彼女は』
恋愛の名言
僕がここにいて、カメラに触れて君と話していた時間が消えるわけではない
69
小説『四月になれば彼女は』
恋愛の名言
生きているという実感は死に近づくことによってハッキリとしてくる。
この絶対的な矛盾が日常のなかでカタチになったのが恋の正体だとボクは思う。
69
小説『四月になれば彼女は』
恋愛の名言

[スポンサーリンク]

人気の名言ランキング

▲PageTop