漫画『女くどき飯』の名言集

男は目で恋をし、女は耳で恋に落ちる――。
言い換えれば、男は女の見た目に恋をし、女は男の言葉で恋に落ちるということだ。
男子諸君、彼女の見た目に恋したあとは、その中身をじっくりのぞいてみよう。
そして、そこで見つけた彼女の魅力や価値をストレートに伝えるのだ。
女が恋に落ちるのは、ありふれたほめ言葉や、甘い言葉ではない。
彼女の存在を肯定し、その承認欲求を満たす真摯な言葉なのだ。
267
漫画『女くどき飯』
恋愛の名言
恋愛は食べること同様、人間の本能にあり、至極自然で、必然の行為である。
本能に従って、おいしい料理に舌鼓を打ち、恋に泣き、笑おうではないか。
大丈夫、いくら食べても翌日にはお腹が空くように、
何度傷ついても、ひとはまた恋に落ちるのだから。
256
漫画『女くどき飯』
恋愛の名言
いい意味でのギャップを持つべし。しかし、『オレって意外とこうなんだよね』的なアピールは、
決してやってはいけない。魅力的なギャップは、アピールするものではなく、
チラ見せするもの。あなた方(男子)の多くがそうであるように、
女子もチラリズムが好きなのだ。
252
漫画『女くどき飯』
恋愛の名言

[スポンサーリンク]

人気の名言ランキング

▲PageTop